男子ラクロス

男子ラクロスでは金属製のクロス・ヘルメット・ショルダー(肩および胸部の防具)、エルボー/グローブ(腕部の防具)を用います。
トッププレイヤーのシュートは時速160kmを超えることから、『地上最強の格闘球技』と呼ばれています。

1チームは10人で、アタック3人・ミッドフィルダー3人・ディフェンス3人・ゴーリー1人という配分です。
オフェンス時はそのうちの6人、ディフェンス時はゴーリーを含め7人で守らなければならず残りのプレーヤーはハーフラインを越えることが出来ません(オフサイドルール)。
フィールドの大きさは100.6m×54.8m。
ゴールの周りには2.74mの円(クリース)があり、オフェンスはクリースの中に入ってはいけないというルールがあります。
1試合は20分×4クォーターです。

クロスを使って相手にプレッシャーをかけても良く、アメリカンフットボールやアイスホッケーによく似ています。
ボールを保持している選手のグローブやクロスを叩くこととタックルすることは可能です。
また、ルーズボール時にボールから半径3ヤード以内にいるプレーヤーに対してのタックルも許可されています。

ボールがフィールドの外に出た場合(アウトオブバウンズ)、通常は出したチームの敵方に渡されますが、シュートの場合はボールが出たときにボールに一番近かったプレーヤーのチームに渡されます。
そのため選手たちはシュートを外した後もボールを激しく追い、これをチェイスと呼びます。
以前はシュート以外のアウトオブバウンズでも、ボールが出たときにボールに一番近かったプレーヤーのチームのボールとなっていましたがルール変更でより解りやすくなりました。

選手の交代はフライと呼ばれ、交代エリアを使い何回でも交代は可能です。
フィールド内を全力疾走で駆け回るミッドフィールダーは2、3分おきにフライすることも多いです。

選手が扱うクロスはポジションによって異なります。
アタックやミッドフィルダーは動きやすさやクロスの振りの速さを重視して約1mのショートクロス、ディフェンダーは約1.8mのロングクロス、ゴーリーは網の部分が大きいゴーリークロスを使ういます。
ディフェンス力アップのため、一部のミッドフィールダーがロングクロスを持つことも多いです(ロングミディ /LMFと呼ぶ)。
なお、試合中フィールド内でロングクロスを持つことが出来るのは4人までと決められています。

試合中にファールが起きた場合は「エキストラ・マンダウン(マンアップ)」が発生すます。
これはファールによってペナルティを課せられた選手が一時的に退場してゲームが再開されるシステムです。
ペナルティを課せられたチームは、ペナルティが解除されるまでは相手よりも少ない人数でプレーすることになります。
ペナルティによって人数が少なくなっている状態を「マンダウン」と言い、相手のペナルティによって数的に有利になっている状態を「エキストラ」という。

ファールは大きく2つに分けられ、テクニカルファール(軽度のファール)とパーソナルファール(重度のファール)で課せられるペナルティタイムが変わってきます。
テクニカルファールは、ルーズボール時もしくは味方がポゼッション(ボールをキープしている状態)している時に犯した場合は相手にポゼッションを譲るのみで済みますが、相手がポゼッションしている時に犯してしまうと30秒のマンダウンとなります。
パーソナルファールはいかなる状況であろうと1〜3分のマンダウンとなります(ファールの種類、審判の判断によりペナルティタイムが決まる)。
テクニカルファールは得点時に解除されるが、パーソナルファールは引き続き試合再開後も継続となります。
また、ファールが起きた場合でもファールを受けた側がボールを落とさない限り、審判はイエローフラッグ(黄色のハンカチ)を投げてファールが生じた事を知らせるのみでプレーを続行させ(スローホイッスル)、ボールが落ちた時に試合を止め「エキストラ・マンダウン(マンアップ)」へと移行します。

これが男子の主なルールです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

PENALTY/ペナルティーフットサルトレーニン
Excerpt: 素材人工皮革ブラジルのプロチームも使用していいる、ドリブルやパス回しなどフットサルの練習用のトレーニングボール。キッズのトレーニングにも最適です。・第12話 銭と千尋のハゲ隠しの巻・改めて考えると、何..
Weblog: ボールの感動
Tracked: 2007-09-07 12:12

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。