ラクロスとは

ラクロスとはカナダの国技でもある球技の一種です。
クロスと呼ばれる、先に網のついたスティックを使い直径6cm・重さ150gのボールを奪い合い相手側のゴールに入れて得点を競います。
男子と女子ではその他のルールが大きく異なる上、用具も違うのが特徴です。

ラクロスの起源は17世紀。
北米のネイティブアメリカン達が自分達の神との繋がりを深める儀式の一環として行っていたものです。
各チームが1000人以上になることもあり、ゴールとゴールの距離は短くて500ヤード、長い時には数マイルにも及びました。
その広大なフィールドで戦闘や狩りに必要な耐久力、勇気を養っていたとされています。
これをフランス系の移民が発見しスポーツ化したのです。
なぜラクロスという名前がついたか?
それはネイティブアメリカン達が使用していた道具が、僧侶の持つ杖(クロス/crosse)に似ていたことからラクロス(La-Crosse)と名づけられました。

現在のラクロスは1チーム/男子10人・女子12人で、役55m×100mの競技フィールドで行われています。
ゴールは183cm四方の正方形で、アイスホッケーと同様にゴール裏もフィールドとして使用できます。
プレーヤーにはアタック(AT)、ディフェンス(DF)、ミッドフィルダー(MF)、などの役割分担がありゴールを守る選手はゴーリー(G)と呼ばれます。
クロスの先に付いた網(ポケット)の中でボールを揺すり、遠心力を使って保持するラクロス特有の動きをクレードルと呼びます。
現在の世界的競技人口は約60万人とされ、日本では男女合わせて約2万5千人とされています。
日本でのラクロス普及率はまだまだとても低いと言わざるをえません。
しかしサッカーと同様にラクロスでも4年に一度ワールドカップが開催されています。

ラクロス普及率が低い日本ですが、日本で最初にラクロスチームを結成したのは慶応義塾大学です。
その後マスコミ等に取り上げられ競技人口が伸び、2006年時点で約360のチームが存在します。
日本ではラクロス普及率が低いため、全国大会は社会人・一般/大学という風に明確に別れておらずクラブチームや大学チームの地域代表が一同に会して行われています。
名称は全日本ラクロス選手権大会です。
男女それぞれ同じ時期に実施されています。

1998年の第9回大会までは大学チームが圧倒的に強く、男子は慶応義塾大学が5回・早稲田大学が2回の優勝を誇っています。
同じく女子も関西学院大学と東京女子体育大学が3回ずつ優勝しています。
東京女子体育大学卒業生が設立したWISTERIAは1996年〜2002年までに7連覇を達成しました。
しかし近年では社会人ラクロスチームが台頭し、大学チームは優勝から遠ざかっています。

ラクロスは見た目よりもハードなスポーツの為、少年少女のプレーにはソフトラクロスが使われます。
これはプラスチックのクロスと柔らかいボールを使い、防具もなしでミニコートで行われます。
主に小学校の課外授業で使われています。
中高生は女子ラクロスで首都圏および関西の一部の高校(および付属中学)にラクロス部が存在し、Teenn's Lacrosseという大会も行われています。
なお、男子では慶応高校が関東学生リーグに参加しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。